遺言信託って何?

遺言信託とは何か、またそのサービス内容について

高齢化社会となり、あちこちで遺言という言葉を見たり聞いたりする機会が増えてきました。銀行では被相続人の口座凍結によって生活費が払い戻せなくなり困ってしまうというお客様のニーズに合わせ、予め指定した人であれば払戻が出来るよう、通常の普通預金ではなく、銀行独自の方法を提案したりしています。
“遺言信託って何?” の詳細は »

廃除による相続権の侵害

廃除の申し立てが棄却、遺産分割後に相続人が増えた時相続回復請求権により再度遺産分割協議は行われるのか

正当な相続人であるにも関わらず、相続の資格を失うケースが2つあります。一つは「廃除」ひとつは「欠格」です。

「廃除」は被相続人に対し、虐待していたり、迷惑をかけてばかりいたというような事実が家庭裁判所にて認められれば相続人から廃除されます。これに対し、
“廃除による相続権の侵害” の詳細は »

知的財産権の相続

特許権著作権などの権利の相続にはどんな手続きが必要でしょうか

相続には様々な種類のものがあります。皆さんがすぐに思い浮かべるのは預貯金や土地建物などの不動産ではないでしょうか。

相続は目に見える物品だけでなく、被相続人の地位や権利といったものも含まれます。特許権や著作権などがそれに当たります。
“知的財産権の相続” の詳細は »

相続税対策のアパート経営

アパート経営を相続税対策にされる方がいますが、本当に資産運用として活用できているのでしょうか

相続税対策や、家賃収入による生活設計などを考えて、遊休土地に賃貸アパートを建てたという話を、以前よりよくお聞きします。
確かに、土地や建物にかかる税金を軽減することが出来ますし、一定額の収入が入るのは魅力的だと言えます。賃貸経営を進めるハウスメーカーからも、相続税対策に効果的だからと進められアパート経営に踏み切った方も少なくないはずです。
“相続税対策のアパート経営” の詳細は »

親名義の土地を無償で使用していた時の権利

無償にて使用していた土地の上に建物を建て居住していた者が、相続の際に借地借家法の保護対象になるのか

昨今、核家族化が進むと言われていますが、一方で2世帯住宅の需要は伸びています。

家そのものを2世帯が使用できるように設計されているものも有りますが、所有地が広ければ、同じ敷地内に2軒の家を建ててすむという方もいらっしゃいます。例えば、父親名義の屋敷の半分に、父親の許しを得て長男が家を建て居住。(家の名義は長男の名義で、土地の使用は無償貸与)というようなケースです。
“親名義の土地を無償で使用していた時の権利” の詳細は »